ガベと古く美しきもの ~イランの絨毯と世界の考古美術~


3/9(水)まで、南部町のgalleryたなか1890で 展覧会「ガベと古く美しきもの」が開催されています。

DSC01501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ガベ」というのはイランの伝統的な手織り絨毯。

1991年に、小野善平さんによって、初めて日本に紹介されました。

展覧会には小野さんの目で集められたガベや、オリエント・中国の「古く美しきもの」が並びます。

 

 

DSC01476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となる「galleryたなか1890」は、国の有形文化財に登録されている

築約130年の古民家をリノベーションした、趣あるたたずまい。

 

 

DSC01481

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口の引き戸を開けると、早速ガベが敷いてあります。

 

 

DSC01482

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内の床にも、一面のガベ!

「作品」でありながら、「家具」でもあるという存在のガベを、

その暮らしの中のシーンそのままに、足で踏みしめながら鑑賞できる贅沢な展覧会です。

 

DSC01484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーのお二人が、作品について丁寧に解説してくださいます。

DSC01499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所だけ時間の流れが違うような、ゆったりとした時が過ぎていきます。

 

 

ガベとともに並ぶ「古く美しきものたち」も古民家の空間に不思議と馴染み、

この土地の古く美しきものとの調和を見せていました。

 

DSC01485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで作品のためにあつらえた空間かのようです。

 

 

DSC01487

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段使いの雑貨コーナーも充実。

 

DSC01488

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもこの空間で悠久の時を感じていたい、そんな気分になれる展覧会でした。

早春の風を感じながら、「古く美しきものたち」の作り出す「新たな美しい世界」に、ぜひ出かけてみてください。

 

 

「ガベと古く美しきもの」

2016.3.5(土) ~ 9(水)

11:00 ~17:00 (最終日~15:00)

入場料:無料

会場:galleryたなか1890 (三戸郡南部町福田間ノ原5-1 0178-84-2520)


関連記事